中小企業に就職をしたその後は

高卒では、大手企業に就職をすることは困難です。なぜなら、大手企業は大卒が応募条件に含まれていることがあるからです。高卒ではエントリーシートを受け付けてもらうことすらできない場合もあります。しかしそれでも諦める必要はありません。高卒でも、一旦中小企業に就職をしてそこで実務経験を磨いて、その後中途採用にて大企業へ転職をすることは十分に可能だからです。中小企業であれば、大学へ行っていなくてもエントリーはできます。近年はどこの会社も即戦力を求める傾向が強まっています。したがって、高い学歴よりも長い実務経験の方が威力を発揮するケースが多いです。

終身雇用制度はすでに崩壊していて、会社を変更することもそれほどおかしなことではありません。一旦どこかへ所属をして、転職に必要なスキルを現場で磨いて、もう一度挑戦するのは珍しいことではありません。大企業の中途採用は非常にレベルが高いですが、現場で数年戦ってきた人なら十分に挑戦は可能です。とくに、何らかの目に見える実績を残すことができていれば、採用される確率は上がるはずです。IT関連企業なら、スキルを重視する傾向がより強いですから、何らかのスペシャリスト試験に働きながらパスしておくと、転職が有利に運びます。ネットワークスペシャリスト試験や情報セキュリティスペシャリスト試験は非常に高度で、ただ机に座って勉強をしているだけでは取りにくいものです。現場で働いた経験があると合格がしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です